UCOの焚き火台フラットパックファイヤーピットの焼き網を使いやすくして最強焚き火台に!

くどうは焚き火台にUCOのフラットパックを使っています。
ファイヤーピットは軽量で設置も簡単で燃えの良さにも定評があります。しかもお値段は焚き火台の中でもリーズナブルな部類です。
一方で、フラットパックの商品レビューにも書かれていますが、フラットパックを使っていて、付属の焼き網が使いづらいと感じることがあります。
同じようにストレスを感じて試行錯誤されているフラットパックユーザーもいるのではないでしょうか。

くどうはキャンドゥで見つけたふきんハンガーを使うことで問題を解決しました。
今回はその解決に至った経緯と実際に使用する商品を紹介します。

問題を解決したのはキャンドゥーのふきんハンガー

フラットパックには付属の焼き網を説明書通りに使うと焚き火台の全面を覆ってしまって、薪や炭をくべられなくなるという短所があります。

付属の網を使うと全面を覆ってしまう。
このままでは薪や炭を非常にくべづらい問題が発生する。

人によっては焼き網を横向きに使用したり、小さな焼き網に変えたりして使っているようです。
フラットパックの短所である焼き網の問題を克服したのは100均ショップでもおなじみのキャンドゥーで見つけました。
それは水切りラック用ふきんハンガーという商品で、このように焚き火台の両端にかけて使います。

こうすることで網が上に持ち上がり、薪や炭をくべる空間を作ることができます。

UCOフラットパックファイヤーピットにした理由

UCOフラットパックを選んだ理由は、簡単に言えばスタイリッシュなデザインと軽量コンパクトな設計、そして手頃な価格と入手性の良さです。

フラットパックを買うに当たって、比較検討した内容の記事が別にありますので、フラットパックのほか、焚き火台選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

初めての焚き火台選びにUCOフラットパックをおすすめする理由!比較検討した焚火台と併せて紹介!
キャンプで最初の焚き火台としてユーコのフラットパックグリルM ファイヤーピットが最適な理由と、人気の各メーカーの焚き火台の特長を比較して紹介。2021年8月に発売予定のフラットパックグリルL(フラットパックラージ)についても現行の機種と比較。ソロキャンやファミキャン、グルキャンまで幅広いニーズに合った焚き火台選びに。

また、フラットパックは適度なサイズ感で、ソロからファミリーやグループにも対応でき、最初の焚き火台に最適な商品とも言えます。

実際に使い続けていて、壊れたとしても買いなおして使い続けたいと思えるお気に入りの焚き火台です。

燃えのよさについても評判通りよく燃えます。

UCOファイヤーピットの懸念点、焼き網問題とは

実際に届いたフラットパックを本来の仕様通り、焼き網を全面を覆うように使用してみましたが、噂通り非常に使いにくかったです。

本来の使い方をすると薪や炭の追加をガッチリとガード。

網と本体を咬ませる部分が結構しっかり固定されるので、料理をしながらいちいち薪や炭をくべるたびに外すのは非常にストレスです。

また、網を横向きに置いたところで、網の位置が低いため薪をくべる隙間はできず、解決したとは言えません。

では実際にどうやって網を持ち上げるか

コメント

タイトルとURLをコピーしました