キャンプの雰囲気づくりに!魅惑のビンテージオイルランタン、フュアーハンド275とデイツ ベスタ!

今やキャンプの雰囲気作りに欠かせないアイテムとしてオイルランタンの人気が高まっています。
中でもハリケーンランタン(またはストームランタンとも)と呼ばれる昔からあるオイルランタン一時は入手が困難なほどでした。
ハリケーンランタンは昨今主流のLEDランタンに比べて明るさは大きく劣りますが、小さく灯った炎のゆらめきを眺めているだけで気持ちをリラックスさせてくれる効果があります。

キャンプを始めた頃はオイルランタンに関心がなく、子供の安全も考慮してLEDランタンを使っていました。
ある時、twitterで見たビンテージオイルランタンがきっかけで興味を持ち、購入を決めました。
今回はそんなオイルランタンについて紹介します。

オイルランタンがあるとサイトの雰囲気が上がる

FEUERHAND 275

最近はデザイン、性能に優れたLEDランタンが数多く販売されており、なかにはオイルランタンのような光の揺らぎを演出できるランタンもあります。
安全で手ごろな価格で入手できるLEDランタンは今のキャンプスタイルにとってスタンダードなアイテムです。

そんなLEDランタンが主流となっている今、ハリケーンランタンに注目が集まっています。
古くから変わらないデザインは、サイトにひとつあるだけで魅力的な佇まいで雰囲気を盛り上げてくれます。
また、定価であれば手ごろな価格で手に入れることができます。

DIETZ VESTA

そして、何よりの魅力は本物の火の揺らめきです。
デジタルな揺らめきとは違った原始的な火の揺らめきが心を落ち着かせてくれます。

現在は昔からある老舗メーカーのフュアーハンド、デイツに加えてキャプテンスタッグからもハリケーンランタンが販売されています。

LEDランタンで充分と思っていた時期も…

実のところ、ハリケーンランタンへの関心はあまりありませんでした。
あればちょっとおしゃれだろうなぁとぼんやり思っていたほどです。

あまりハリケーンランタンへ関心が向かなかった理由は単純に「子供(園児)がいるから」です。

下手に触って火傷をしたり、倒して火事にでもなったらいけないなという不安が先に立って、安全で扱いやすいLEDランタンをメインに揃えました。
代表的な商品としてベアボーンズのLEDランタンは非常に雰囲気がよく、大変気に入っています。

昔のレイルロードランタンをモデルにしたベアボーンズ レイルロードランタン
最近はカラーバリエーションも増えてホヤも交換可能に。

また、小さな子供と一緒のキャンプだと雰囲気より明るさが欲しい場面が数多くあります。
ファミキャンの道具をイチから揃え始める時の選択肢の中で、雰囲気と明るさを両立したLEDランタンから揃えていくのは当然の流れだと言えます。

そこからキャンプの回数を重ねるごとに子供も何が危ないかを学び、親としても危ないことや「これなら大丈夫かな」と、安全なラインが見えてきます。
子供に「危ないから触らないよ!」と教えて、しっかり触らずに指示を守れるようであれば、オイルランタンやガスランタンなどをキャンプに持って行ってもいいと思います。

それから実際にハリケーンランタンを持って行き、使ってみたのですが、LEDの暖色よりさらに橙色がかった炎は柔らかな醸し出して、すぐに僕を虜にしました。
お酒が入っているとなおのこと魅力的で、酔えば酔うほどその魅力は増していきます。

FEUERHAND 275

LEDランタンは今もお気に入りでキャンプには欠かせませんが、LEDランタンにはない魅力がハリケーンランタンにはあります。

人を惹きつけるビンテージならではの魅力

コメント

タイトルとURLをコピーしました