【2022】おすすめのポータブル電源をメーカーとグレードごとに比較&購入のポイントとお得に買う方法を紹介

信頼性のAnker

Ankerはモバイルバッテリーの頃から信頼性が高い人気のメーカーです。

ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト
アウトドアで活躍する超大容量バッテリー車中泊・キャンプ・災害時などの備えに

ここ数年ポータブル電源にも力を入れています。
2022年はJackeryとEcoFlowに先を行かれている印象ですが、2021年7月から発売したPortable Power StationシリーズではAnkerならではの信頼性を盛り込んだ製品で、多くのユーザーから支持を獲得しています。

現行のポータブル電源はPortable Power Stationというシリーズで販売しており、中型クラスには535 Portable Power Stationがあります。

Anker 535 Portable Power Station (PowerHouse 512Wh) 512Wh/160,000mAh
created by Rinker
Anker

535 Portable Power Stationのスペックは以下の通りです。

バッテリー容量512Wh / 160,000mAh
AC出力(×4)110V(50/60Hz) / 500W(瞬間最大750W)
USB-A出力(x3)5V / 7.2A
USB-C出力(x1)5V / 3A、9V / 3A、15V / 3A、20V / 3A
シガーソケット(x1)12V / 10A
入力ポートDC、USB-C
入力(本体充電)DC 11-28V=10A (最大120W)
AC出力波形純正弦波
バッテリータイプリン酸鉄リチウムイオン電池
フル充電所要時間約3.4時間
給電/充電適応温度0℃〜40℃ / -20℃〜40℃
サイズ/重量292×251×188mm / ‎7.6kg
2022年8月現在

Jackeryの708やEcoFlowmのRIVER Proより1つ下のRIVER Maxに近いスペックになります。
スペックではやや劣りますが、他メーカーのポータブル電源に比べて約6倍の長寿命バッテリーを採用しています。
また、バッテリーパックは高さ50cmからコンクリート床への落下テストをクリアした強靭な構造で守られており、アウトドアでも安心して使える耐衝撃性能を備えています。
これらの性能はPortable Power Stationシリーズ全体に共通して備わっています。

さらにAnkerの大型クラスには757 Portable Power Stationがあります。

Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh) 1229Wh/384,000mAh
created by Rinker
Anker

持ち運ぶには大きすぎるスペックですが、長寿命バッテリーのため自宅やキャンピングカーなどの予備電源として安心して備え付けられます。
AC出力は1500W/瞬間最大2400Wなので、これだけあれば電気製品を使用するのに十分な性能を備えています。
大容量&高出力を兼ね備えた長寿命ポータブル電源と言えます。

また、Portable Power Stationの前のPowerHouseシリーズにRIVER Proのスペックに近いPowerHouse II 800があります。

Anker PowerHouse II 800 778Wh/216,000mAh
created by Rinker
Anker

2020年9月に販売されましたが今後同クラスの後継機の発表があるか気になります。

そして、Ankerにも小型クラスのラインナップがあります。

Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh) 256Wh/80,000mAh
created by Rinker
Anker

521 Portable Power Stationは小型でありながらも約6倍の長寿命バッテリーと高い耐衝撃性能を備えています。

廃棄する際は送料を負担すればメーカーで回収してもらえます。

その他のメーカー

個人的には上に紹介したメーカーが2022年におけるポータブル電源の3大メーカーだと思います。
それ以外にも現在人気上昇中、ユニークなアイディア、ちょっと残念な経験となった3つの商品を紹介します。

人気上昇中のBLUETTI EB70S

BLUETTIは個人的にも急上昇中のメーカーです。
小型のポータブル電源から、停電や震災の非常用電源としても活躍する家庭用蓄電池まで幅広く手掛けています。

中型クラスにはEB55SとEcoFlowのRIVER Proと同等のEB70Sというモデルがあります。

BLUETTI EB55 537Wh/168,000mAh
created by Rinker
BLUETTI
BLUETTI EB70S 716Wh/218,000mAh
created by Rinker
BLUETTI

EB70Sのスペックは以下の通りです。

バッテリー容量716Wh / 218,000mAh
AC出力(×4)110V-120V / 800W(瞬間最大1400W)
USB-A出力(x2)5V / 3A
USB-C PD3.0(x2)Max 100W
シガーソケット(x1)12V / 10A
DC出力(x2)12V / 10A
ワイヤレス充電(x1)Max 15W
入力ポートAC、ソーラー充電、シガーソケット
入力(本体充電)AC 12V-28V (最大200W)
AC出力波形純正弦波
バッテリータイプリン酸鉄リチウムイオン電池
フル充電所要時間約3.75時間(AC)
給電/充電適応温度0℃〜40℃ / -20℃〜40℃
サイズ/重量320×217×222mm / ‎9.7kg
2022年8月現在

EB70Sは容量や出力でEcoFlow RIVER Proを上回っており、RIVER Proにないワイヤレス充電も備えるなど性能や充実した装備には注目の価値があります。
重量が9.7kgと10kgに届きそうな重さで取り回しが難しいですが、頻繁に移動させないのであればさほど苦労はないと言えます。
重量に目を瞑れば非常にバランスの良い製品です。

そのほかEB70Sにはゆるキャンを見てキャンプにハマったファンには嬉しいゆるキャンモデルもあります。

BLUETTI EB70小型ポータブル電源∣「ゆるキャン△」特別版
BLUETTIx「ゆるキャン△」の特別版ポータブル電源がついに公開いたしました。キャンプも防災もお役に立てる小型ポータブル電源です。

愛らしいボディにユニークな発想のSmartTap PowerArq3

変わり種としてSmartTapのPowerArq3を紹介します。

SmartTap PowerArQ3 555Wh/150,000mAh
created by Rinker
SmartTap

容量は555Wh(150,000mAh)で、ひとつ上に626Whのモデルがあります。
PowerArQ3が他のポータブル電源と変わっているのは本体のバッテリーを交換できる点です。

EcoFlowのエクストラバッテリーは本体に増設することで容量を増やすことができますが、本体のバッテリーを交換することはできません。
それに対して、PowerArQ3は別売りのバッテリーを用意すれば必要なだけ容量を増やせますし、劣化したバッテリーを交換することで常にフレッシュな状態に保つことができます。
ポータブル電源はいずれ寿命を迎えて廃棄を迫られます。
メーカーによっては回収してもらえず、自身で処分するために余計に手間がかかる可能性があります。
PowerArQ3は本体はそのまま使い続けながら、バッテリーを交換することで使用し続けられる非常にユニークな方式を採用しています。

廃棄の際は自治体や家電量販店での回収になります。

残念な結果となったLACITA ENERBOX-SP

LACITAのENERBOX-SPは初めて購入したポータブル電源です。

LACITA ENERBOX-SP 444Wh/120,000mAh
created by Rinker
LACITA

無骨さとスタイリッシュさの合わさったデザインと三元系リチウムポリマー電池に惹かれて購入しました。
通常のENERBOXと迷いましたがキャンプで使うことを前提にしていたので防水規格のENERBOX-SPに決めました。

ENERBOX-SPのスペックは以下の通りです。

バッテリー容量444Wh / 3.7V-120,000mAh
AC出力(×3)100V(60Hz) / 定格400W
アクセサリーソケット出力(×1)9 ~ 12.6V / 最大110W
USB出力(×3)5V – 2.1A / 最大10.5W
入力ポートDC
入力(本体充電)DC14.5 ~ 24V
AC出力波形正弦波
バッテリータイプ三元系リチウムポリマー電池
フル充電所要時間約7時間(ACアダプタ充電時)
給電/充電適応温度-10℃〜40℃/ 0℃〜30℃
サイズ/重量303×134×184mm / ‎6.48kg
■防水防塵規格:IP44 ■菱形PSE:AC充電器(付属品) ■丸型PSE認証テストと同じ基準の安全試験:内蔵バッテリーパック ■UL1642:内蔵バッテリーセル ※エナーボックス本体及び内蔵バッテリーは製品規格上、PSEの対象製品ではございませんのでPSEマークを印字しておりません。(※商品説明より抜粋)

2022年8月に有名ガレージブランドとのコラボも発表され、今も人気を窺わせるENERBOXです。
2020年4月から製品が販売されて2年以上経ちますが、デザインや仕様は変わらないまま販売を続けています。

使用してみて良かった点は絶妙なサイズと重さによる取り回しの良さです。
女性でも持ち運びに苦労することなく、積載や収納にも困らないのは良い点でした。
ただ、2泊程度の場合だと444Whの容量では充電を使い切ってしまうこともあり、定格出力も200W/瞬間最大400Wと動かせる電気製品は多くありません。
主にLEDランタンやファン、スマートフォンなどのバッテリーの充電や電気毛布程度の消費電力の低い電気製品の使用に限られてきます。
加えて、1年半の使用で故障した際に判明した問題点もありました。

実は水濡れ厳禁なENERBOX-SP(IP44)

購入から1年半ほどで充電できなくなったので修理へ出しました。
その回答としては内部のバッテリーに水分付着の形跡がある点が判明して、有償交換とのことでした。

商品説明には「ENERBOX-SPは防水規格IP44に合格しており、レベルは「防沫」になります。防沫レベルとは「いかなる方向からの水の飛沫(水しぶき)によっても有害な影響を受けない」とされております。」と記載されています。
防水規格は購入の決め手の1つでした。

ENERBOX-SPは防水規格IP44を謳っています。
最近よく目にする防水規格のIPはIPに続く前の数字が固形物の侵入に対する防塵保護等級(0〜6)で、後の数字が水に対する防水保護等級(0〜8)を示しています。
ですからENERBOX-SPのIP44では4等級の防塵性能と4等級の防水性能を備えています。
4等級の防水性能は以下の通りです。

「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
300〜500mmの高さより全方向に10ℓ/分の放水、10分」

IP規格・防水保護構造及び保護等級

使用していたエナーボックスは10回程度キャンプに使いました。
キャンプ中はインナーテントに置いての使用です。

雨キャンプや湖畔のキャンプはありましたが、本体を濡らすようなことはなかったので、サポートへ故障原因について疑問を投げかけてみたところ、「ENERBOX-SPは筐体(外装ケース)は防水仕様ではなく、バッテリーにフッ素系樹脂による防水加工を施しています」との回答でした。
さらには「水に濡れた場合はもちろん、湿度の高い場所での使用された場合は保証対象外になります」と言われました。

「防水規格を謳ってるのにそんなことあるの?」と思う方もいるかもしれませんが、これから購入を検討される方の参考になればと思います。

購入の際に気をつけたいこと

ここまで多くの製品を紹介してきましたが、ポータブル電源を購入する際に注目したいポイントを紹介します。

ポイント① バッテリーの容量

キャンプのスタイルや夏キャンプと冬キャンプでも使用する電力量は違います。
今回は我が家で多い2泊のキャンプを基準に商品を紹介しました。
我が家で主に電力を消費するのは冬キャンプの電気毛布です。

使用する電気製品が少なければ小型のポータブル電源を選んで価格を抑えられますし、もっと多くの日数で連泊したいとか消費電力の大きな電気製品を使いたければ大型の製品を選んで容量や出力を気にせず使うこともできます。

ご自身のスタイルに合わせてまずは容量を決めましょう。
もし、容量が少ないかもと心配になってもソーラーパネルがあれば現地で給電できます。
最近はソーラーパネルの効率も上がっています。
足りない容量は現地で補う、そういう運用も可能になっています。

ポイント② AC出力

ポータブル電源の最大の特徴はAC出力(コンセント)です。
AC出力のおかげで家庭用の電気製品も使用できます。

ここでひとつ注意が必要です。
各電気製品にはそれぞれ消費電力が決まっています。

例えば、コーヒーを淹れるお湯を沸かすためにこのような電気ケトルを使いたいとします。

アピックス 電気カフェケトル 0.7L カッパー FSKK-8728 CP
created by Rinker

この電気ケトルの消費電力は900Wです。

下の表は今回紹介した商品から小型、中型、大型クラスで3つのメーカーの製品のAC出力をまとめました。

JackeryEcoFlowAnker
小型クラス240(200W/400W)RIVER(600W/1200W)521(200W/450W)
中型クラス708(500W/1000W)RIVER Pro(600W/1200W)535(500W/750W)
大型クラス1500(1800W/3600W)DELTA MAX(2000W/4200W)757(1500W/2400W)
モデル名(定格出力/瞬間出力) ※2022年8月現在
AC出力は合計出力です。ほかのポートと併用すると使用可能な出力は分散されて小さくなります。

この表から  マーカーを引いたJackery 240、Anker 521、Anker 535ではAC出力が消費電力の900Wに不足しているため、この電気ケトルを使用できないとわかります。
小型クラスで電気ケトルなどの消費電力の大きい電気製品を使いたい場合はEcoFlowのRIVERを買う必要があります。

このように購入を考えているポータブル電源のAC出力が使用したい電気製品の消費電力を満たしているかもポイントになります。

ポイント③ サイズと重量

3つ目はサイズと重量です。

ポータブル電源は容量が大きくなれば、サイズも重量も比例して大きく重くなります。
移動手段によって積載できるサイズは変わってきます。

バイクに載せれるのはせいぜい小型クラスまでですし、我が家のプジョー208では中型クラスでないと積載できません。
また、重さも手に持って移動する際の取り回しに関わってきます。
10kgを越える大型クラスになると一人で持ち運ぶにはそれなりの筋力と体力が必要になります。

容量と出力だけでなく、本体サイズと重さのバランスも考えて選びましょう。

もし、積載に余裕はないけど中型クラスでは容量が足りないという場合は、ソーラーパネルと併せて使用すれば現地で電力を補いながら不足分をカバーできます。
ソーラーパネルは折りたたむと平らになるので、どこか隙間に差し込んで積載すれば場所を取らないで済みます。
ソーラーパネルまで含めるとポータブル電源選びの幅はグッと広がります。

ポイント④ 購入のタイミング

ポータブル電源の価格は中型クラスで7〜8万くらいですが、割引クーポンの発行や期間限定値下げで安く買える期間があります。
Amazonではポータブル電源は常態的に割引されていることが多いのですが、値引額は頻繁に変動していて、中型クラスで1万円弱〜2万円強の価格の幅があります。
割引クーポンはカートに入れた状態では価格変更のお知らせに通知されないので、定期的に商品ページを開いてチェックすることをおすすめします。

商品の割引と¥10,000 OFFクーポンを併用できるので¥53,800(¥14,550の値引き)で購入できる。

Amazonだと商品によってはプライムセールやタイムセール、ブラックフライデーなどのイベント時に本体価格の割引とクーポンの併用でかなりお得に買えるので狙い目です。

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したメーカーはこれまで製造、販売してきた製品の実績とサポートがあります。
メーカーによっては寿命を迎えたバッテリーの回収もおこなっています。
ポータブル電源があればこれまでより質の高いキャンプライフが実現します。
ぜひあなたにとってぴったりのポータブル電源を見つけてください。

EcoFlow RIVER Pro + 110Wソーラーパネルセット
created by Rinker
EcoFlow

コメント

タイトルとURLをコピーしました